カーテンサイズの選び方

そもそもどこを測る?

カーテン選びに悩んだことのある人は少なくないでしょう。さまざまなサイズやデザイン、機能のカーテンがあり、どれを選ぶか悩みますよね。まずはカーテンのサイズを知ることが重要です。最初にカーテンレールの長さを測ります。この際注意すべきなのが、レールの両端に取り付けられた固定ランナー間の長さを測ることです。ただし、この長さだけではカーテンの幅には足りません。カーテンはヒダがあるため、ゆとりを持たせる必要があります。そのため、カーテンレールの長さ×1.05がカーテンの幅に最適な長さです。長さの測り方は、腰高窓か掃き出し窓によって異なります。腰高窓の場合は、レールから窓枠下までの長さに15~20cm足したものが最適な長さです。掃き出し窓の場合は、レールから床までの長さから1~2cm引いた長さが望ましいでしょう。長すぎても短すぎても不格好になるため、正しくサイズを測ることは非常に大切です。

既製品はどのサイズ?オーダーとの違いは?

カーテンには既製品とオーダーメイドが存在します。既製品の場合はサイズが決められており、サイズが合うものがあればすぐに取り付けられるのが特徴です。また、オーダーに比べて安価であることも魅力でしょう。自分の求めるサイズ、デザインがあるのであれば、既製品の方がお得だと言えます。既製品は一般的な窓のサイズに合わせています。サイズ展開は主に3種類で、幅100cm×丈135cm、幅100cm×丈178cm、幅100cm×丈200cmです。いずれのサイズも2枚組で販売されています。レースカーテンに関しては、丈がさらに2cmほど短いのが一般的です。オーダーであれば、サイズに関しても希望に合ったカーテンを作れるのが魅力です。ただし受注生産のため、出来上がりまでには時間がかかります。既製品よりも高価ですが、自分だけのお気に入りのカーテンを作れるのは大きなポイントでしょう。

© Copyright Soundproof Curtains. All Rights Reserved.