既製品のメリット

同じ品質なら既製品のほうが安い

オーダーメイドはカーテンの幅や高さなどを決められるため、自宅にピッタリのものを用意することができます。ただ、注文を受けて生地から作ることになるため、安いとはいえない金額になってしまいます。既製品のカーテンは幅や高さといったサイズは決まっていますが、その分安く購入することが可能です。大量に同じカーテンを作ることで、人件費も材料にも下げられるため、オーダーメイドと同程度の生地だとしても安いです。

なお、実物を見ないでカーテンを購入してもよいと考えるのなら、ネットショップを活用しましょう。実店舗では取り扱っていないようなサイズやデザインのカーテンが売られているため、大量生産の既製品でも満足できる可能性が高くなります。

アウトレットを狙えばよいものが安くなる

仕上げてから店頭に並べられる既製品のカーテンは、売れ残るという購入者にとっては嬉しいメリットがあります。なぜならば、売り切るためにアウトレットとして安く販売される可能性があるからです。普段の価格から三割引や五割引など、通常では考えられないほど安くなることもあるので、かなりお得にカーテンを用意できます。実店舗でもネットショップでも、いろいろなお店でアウトレットを販売しているため希望通りのカーテンを探してみましょう。

ちなみに、オーダーメイドもアウトレットありますが、売れ残りなので生地に限りがある場合が多いです。つまり、望みどおりのカーテンを作るには生地が少なすぎる可能性もあるので、オーダーメイドの場合は安いからといってすぐに飛びつかないようにしましょう。

© Copyright Soundproof Curtains. All Rights Reserved.